アコムやプロミスについて

いくら好感度の高い芸能人を起用してCMを頻繁に流しているとは言え、

アコム・プロミスなどの大手の業者も所詮消費者金融。どこも同じだと思います。

むしろ、借りやすさを公共の電波を通じて、

アピールしすぎていることが悪質だとさえ感じています。

大手の消費者金融のCMは、時間を問わず、よく目にします。

子どもたちとテレビを見ていても、頻繁に目をします。

小さいうちから、お金が簡単に借りられて、

簡単に返せるイメージをテレビを通して植え付けられているように思います。

これは、子どもの教育上、決していいことではありません。

CMを流す時間帯を考えて欲しいと思います。

また、公共の電波を通して、消費者金融という自社の商品をアピールする以上、

お金を借りることに対するデメリットも広めていただきたいと思います。

いいことだけをアピールしていることに、とても違和感を感じます。

アコムやプロミスで働く方々はお金のプロだと思います。

小学校や中学校で、マネー教育をしていただくなどの社会貢献をしていただきたいです。

正しいお金の知識を広めていただいたうえで、自社の商品をアピールしていただく分には問題ないと思います。

まずは、正しく選択できる力を子どもたちに付けていただきたいです。

様々な事情で、お金を必要としている方がいらっしゃるので、

消費者金融の会社は無くてはならないと思います。

法定内の利率で正しく運営している大手の業者は今後も必要だと思います。

ただ、社会責任を果たしていただきたいというのが、私の願いです。