うどんだけでない、香川県の知られざる魅力

香川県は、四国の北東の県で、高松市に県庁所在地があります。香川県といえば、なんといっても讃岐うどんが有名です。別名、うどん県といわれるほど、どこに行っても安くておいしいうどんが食べれます。

このうどん目当てで、うどんめぐりが人気の観光になっています。しかし、香川県の売りはうどんだけではありません。グルメに関しては、瀬戸内海の新鮮な海の幸も食べることができます。

骨付き鳥やおいりなどの名物もあります。観光に関しては、こんぴらさんという名で親しまれている金刀比羅宮や日本三大庭園にも劣らないといわれる景観の美しい栗林公園、オリーブやそうめんの生産地として知られる小豆島など、たくさんの観光名所が存在します。

実は、現代アートで脚光をあびている直島も香川県にあります。島全体がアートに彩られ、有名建築家の作品も多数見ることができる直島は、日本国内だけでなく海外からの観光客も訪れる人気の観光スポットです。直島以外にも、大小さまざまな島が存在し、島ごとに違った魅力を楽しむことができます。

香川県の県民性は、合理的で要領がよい人が多いのが特徴です。経済観念も高く、倹約を好む県民性のため、貯金額の平均が全国有数の高さであることが知られています。

また、あまり知られていないですが、香川県は日本で一番小さい県です。小さい中に、都市の利便性と美しく豊かな自然が共存し、便利でとても住みやすい県といえます。

香川県は都会ではありませんが、四国の玄関口の役割も果たしており、高松、丸亀、坂出などの都市部では、一通りのショッピングが楽しめ、買い物に不自由することはありません。

交通に関しては、バス路線があまり発達していないので車社会になっています。運転マナーが悪い傾向があり、交通事故が多発している県なので、運転には特に注意が必要です。

災害や凶悪犯罪などは少ない県であり、安心して生活を送ることができます。気候は瀬戸内海式気候なので、雨がほとんど降らない気候であり、夏場は水不足に見舞われることもあります。

あっ、あとコレは私のまわりの人だけかもしれないけど、お金遣いの荒い人が多かったような気がします。

ギャンブル好きな人が多く、借金してでも行ってた人がいましたね。私にはちょっと考えられない(+_+)

カードローンを作ってお金を借りていた人が多かったですね。≫コチラで

香川の県民性というか、私のまわりだけだと思うけど。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>